更年期障害
ホームページ更年期障害

症状別メカニズム - 更年期障害

更年期障害

更年期障害


■ 更年期障害 メカニズム

更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンの減少により、
体と心にとってよくない変化が現れます。

更年期障害は、早い人では30代から、通常40代からはじまり、
10年間は更年期となるといわれています。

生理が不順となったり、今まで感じたことのない心の変化を感じたら、
更年期をむかえるための準備やケアが必要となります。

更年期障害中に起こりやすい疾患には、高血圧、コレステロールの増加、
子宮筋腫、子宮ガン、などの婦人科系の疾患があります。

それらの予防のためにも、更年期の障害を最小にすることが大切です。


更年期障害のタイプ別

■自律神経的更年期障害

ホルモンバランスの崩れによって、自律神経の働きも悪くなる。

自律神経は、活動のための交感神経、休息のための副交感神経が、
必要に応じて無意識に切り替わる神経のこと。

ホルモンの生成や、女性ホルモンの分泌に対する指令も、自律神経が行う。
結果的には自律神経の不調が、更年期障害を引き起こすともいえる。

また、体の不調が苦痛となりストレスを生み、そのストレスが更年期障害に、
加速をつけるという悪循環を生む。

自律神経からくる、更年期障害の症状には、次のようなものがある。

・睡眠の更年期障害 不眠、眠気
・血行の更年期障害 発汗、のぼせ、冷や汗、冷え、むくみ、肩こり、腰痛、筋肉痛
・知覚の更年期障害 皮膚がムズムズする
・感情の更年期障害 不安感、恐怖感、脱力感、ヒステリー、などの精神面の不調

自律神経と体の栄養状態とは、密接な関係がある。
自律神経の栄養源は、ビタミンやミネラルだ。

更年期の障害を少しでも軽くさせたいのなら、不規則な食生活、生活習慣を見直し、
自律神経にたっぷりの栄養を与え、ストレスの悪影響を防ぎ、
ホルモンの代謝を助けてあげよう。

自然治療で対策する

●神経の栄養補給には、 (自律神経的更年期障害の神経

プラセンタ
マカ
ギャバ
王乳
ビタミネ

●ストレスの栄養補給には、 (自律神経的更年期障害のストレス

アルファリポ酸
スクアレン
イチョウ葉
田七

■身体的更年期障害

【胃腸の更年期障害】

更年期障害により、胃腸の働きが低下しやすくなる。

症状:嘔吐、下痢、便秘

胃腸の障害を感じる人は、ストレスを感じやすく、感情のコントロールが
上手に取れないことが多い。

自律神経との関連が深いので、自律神経の働きに役立つ栄養素を補い、
胃腸の働きを助ける栄養補給を。

自然治療で対策する

●胃腸の栄養補給には、 (身体的更年期障害の胃腸

プラセンタ
ギャバ
ビタミネ
ブルーベリー

【膣粘膜の更年期障害】

更年期障害で、生殖器の働きが悪くなる。

症状:膣炎、かゆみ、おりもの、カンジタ、膀胱炎、尿道炎

女性ホルモンの低下により、膣粘液の減少、膣粘膜の萎縮が起こり、
バクテリアやウィルスに対して、膣内を防御する力も低下する。

更年期を迎える年代になったら、膣内を清潔にする習慣と、
膣粘膜の免疫力に役立つ栄養補給を。

自然治療で対策する

●膣粘膜の栄養補給には、 (身体的更年期障害の膣粘膜

プラセンタ
スクアレン
王乳
ビタミネ
プロポリス

【皮膚の更年期障害】

更年期障害により、肌の保水力が低下する。

症状:乾燥、かゆみ、

保水力の低下は、肌を乾燥させ、乾燥によってかゆみを引き起こす。
エストロゲンの減少が原因ではあるが、肌の老化に対する栄養素を。

自然治療で対策する

●皮膚の栄養補給には、 (身体的更年期障害の皮膚

プラセンタ
マカ
ヒアルロン酸
王乳
ビタミネ

【骨の更年期障害】

更年期障害で、カルシウム不足となる。

症状:関節痛、リウマチ、関節炎、骨粗鬆症

エストロゲンは血管の収縮の働きに必要なホルモン。

筋肉に対し血液を送り込む力が低下するので、痛みや炎症が起こりやすくなる。
関節リウマチも、更年期に向かう年代で、発症することが多い。

また、女性ホルモンの低下が、カルシウムの代謝を低下させ、
骨粗鬆症になりやすくなるので、骨や関節に役立つ栄養補給を。

自然治療で対策する

●骨の栄養補給には、 (身体的更年期障害の骨

プラセンタ
スクアレン
ボンシャーク
ヒアルロン酸
ビタミネ

更年期障害 商品一覧 こちらへ

更年期障害